できる限り全身を触るようにして診察します。
(全身状態や性格によっては難しいこともございますのでご了承ください)
病状、問題点、検査内容、治療方法などについては、なるべくかみ砕いてお話しします。

説明の内容や費用のことなど、ご理解いただけているか確認しながら進めますので、
わからないところは遠慮なくご質問ください。

犬・猫・小動物

腫瘍科・循環器科・泌尿器科・
呼吸器科・消化器科・内分泌科・
皮膚科・歯科・耳鼻科・眼科 等

腫瘍科・循環器科・泌尿器科・呼吸器科・消化器科・内分泌科・皮膚科・歯科・耳鼻科・眼科 等

腫瘍外科・整形外科・消化器外科・
軟部外科・産科 等

腫瘍外科・整形外科・消化器外科・軟部外科・産科 等

診察時間

【 完全予約制 】 年末年始、夏季休暇以外休み無し

往診・送迎

いすみ動物病院では、随時往診を行っております。
下記のような場合には、どうぞ遠慮なくご相談ください。

  • 容態が重く、病院に連れてくるのが難しい場合
  • 大型犬、高齢犬などで動かすのが難しい場合
  • ご家族の方のやむを得ないご事情により、ご来院が困難な場合

※往診の場合、検査ができませんので診療内容が限られてしまいますことを予めご了承ください。
※検査が必要と判断した場合、送迎により当院にて検査、入院する可能性もございます。

予約制

当院では診察の予約が可能です。
診察はご予約の方を優先致しますので、ご来院の際にはできればお電話にてご予約をお取りください。
尚、急患に関しては順番が前後する場合があることを予めご了承下さい。

二次診療について

当院での対応が困難な特殊疾患に関しましては、
責任をもって大学病院や専門病院へのご紹介をおこなっております。

どんな子にとっても病院はとても緊張する場所です。
慣れない環境で他の動物に会ってビックリして逃げてしまったり、
興奮してケンカしてしまったりすることもあるかもしれません。
皆様のご協力とご理解をお願いいたします。

※他の子と折り合いが悪い、興奮してしまう等、ご不安な点はご遠慮なく受付にご相談下さい。

首輪や胴輪を緩みのないようにしっかりと付けてあげて下さい。
体と首輪の間に指が1~2本くらい入るくらいがちょうどいいサイズです。

普段お家やお外でお利口にしている子でも、
具合が悪い時やいつもと違った環境では他の子と仲良く出来ないかも知れません。

待合室でお待ちいただいている間も、リードはしっかりとお持ち下さい。
また、体の小さい子はケージに入れてご来院頂くと、落下事故などを防止できます。

キャリーバックやファスナー付きネットなどに入れてご来院下さい。
車や病院・診察室への出入りの際、緊張や興奮のため、飼い主様の手を離れて
逃げてしまう猫ちゃんもいるので、怪我や迷子などの事故がないように、充分ご注意ください。

普段お利口な子でもゲージから出したり、ネットからお顔を出したりされないようにお願い致します。

素早く、体の柔らかい動物さんですので、
小さな隙間からでもあっという間に飛び出して事故に遭ってしまう可能性があります。

飼育ケースやケージなどに入れ、なるべく驚かせないようにしてご来院下さい。
ケージを風呂敷などで包む事によって外からの刺激やストレスを減らす事が出来ます。

可能でしたらいつも使っているケージのままお連れ頂くと、
普段どのような生活をしているかが分かるので、診察の手がかりになるかも知れません。

ICU

血液生化学検査機

歯科ユニット

超音波検査装置

ICU

血液生化学検査機

歯科ユニット

超音波検査装置