このこのごはんの口コミと評判|食いつきぶりや気になる点などを紹介

 

「このこのごはん」は、主に小型犬の健康維持を考えて作られた、全年齢・全犬種向けのドライタイプドッグフードです。高品質な原材料が厳選して配合されているので、「愛犬に与えたい商品」という評判をよく見かけます。

しかし、「実際に与えた人の本音はどうなの?」「うちの愛犬に合ってるのかな?」など、疑問や悩みを抱く方も多いでしょう。

そこでこの記事では、ドッグフード「このこのごはん」のリアルな口コミや評判を紹介し、原材料や安全性、メリット・デメリットなどについても詳しく解説していきます。

  • 独自アンケートでわかった、このこのごはんの口コミ
  • このこのごはんを選ぶメリットや、他のドッグフードとの違い
  • このこのごはんが向いているワンちゃんの特徴

「このこのごはん」が気になるけれど決められずにいる方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください!

目次

このこのごはんの特徴とは?

created by Rinker
コノコトトモニ
¥4,900 (2022/12/02 01:15:36時点 Amazon調べ-詳細)

まずは、「このこのごはん」がどんなドッグフードなのか知りたい方も多いでしょう。そこで、基本情報や特徴、原材料などについて紹介していきます。

このこのごはん

商品名

このこのごはん

価格

3,850円(通常購入)

内容量

1kg(約385円/100g)

カロリー

342kcal/100g

主原料

鶏肉(ささみ、レバー)

粒の大きさ

直径7〜8mm

原産国

日本(パパイヤ、モリンガのみ海外産)

販売会社名

株式会社オモヤ(コノコトトモニ)

おすすめポイント
  • 小型犬の健康維持を考えた栄養バランス
  • ヒューマングレードの原材料のみ使用
  • 鰹節の自然な風味で食いつきバッチリ

「このこのごはん」は、小型犬の健康維持を考えた栄養バランスが特徴です。消化のよい動物性タンパク質源の鶏肉を主原料とし、低カロリー・低脂質で、運動量が比較的少なめの室内飼いの小型犬にぴったり。また、小型犬の食べやすさを考えて直径7〜8mmの小粒に作られています。

原材料は、人間でも食べられるヒューマングレードのみを厳選。オイルコーティングしていないので、ドッグフード独特のきついにおいがなく、鰹節の自然な香りがふんわりと広がります。そのため、嗅覚の鋭いワンちゃんにも合う、食いつきがよいドッグフードです。

このこのごはんの原材料と安全性

鶏肉(ささみ、レバー)、大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、わかめ、乳酸菌、セレン酵母、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨未焼成カルシウム、卵殻未焼成カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)

このこのごはんの原材料は、パパイヤとモリンガのみ海外産で、そのほかは基本的に国産のものを使用しています。

また、食材は全てヒューマングレード。主原料である九州産の「鶏ささみ」をはじめとした肉・魚類も含めて、人間でも食べられる品質です。製造から包装までを一貫して、国内のGMP認定工場が運営管理する専門のペットフード工場にて、厳格な品質・衛生管理のもとで作られています。

このこのごはんの給餌量の目安

月齢

体重:1〜3kg

体重:4〜6kg

体重:7〜9kg

~生後4ヶ月

61~140g/日

173~235g/日

263~318g/日

4~9ヶ月

51~116g/日

114~196g/日

219~265g/日

9〜12ヶ月

41~93g/日

115~156g/日

176~212g/日

1~2歳

38~86g/日

107~145g/日

163~197g/日

3~6歳

32~73g/日

91~123g/日

38~167g/日

7歳~

28~63g/日

78~106g/日

119~144g/日

このこのごはんは、パッケージや公式サイトに体重・年齢ごとの「1日の総給与量(目安)」が記載されています。その数値を目安に、運動量(消費カロリー量)やライフステージ、体調、便の状態などを観察しながら量を調整して、1日2~4回に分けて与えましょう。

生後1歳・体重2kgのワンちゃんの場合、1日当たり約64gで、1kg(1袋)の内容量はだいたい0.5ヶ月でなくなります。

【レビュー】このこのごはんを愛犬に与えてみた

ヒューマングレードの素材のみで作ったこのこのごはん。我が家の愛犬に無添加のごはんを食べさせてあげたいなと考えていたときに、このこのごはんに出会いました。今回は我が家の中型犬の愛犬ボーダーコリーが、このこのごはんを食べたときの反応や食いつきなど、包み隠さずご紹介します。

このこのごはんの内容物一覧

・このこのごはん 1kg      1袋

・挨拶状  1枚

・このこのごはん ガイドブック 1冊

・コノコダヨリ         1冊

・おいしく食べる方法チラシ   1枚

・定期購入チラシ        1枚

1.原材料と賞味期限

【鶏肉(ささみ、レバー)、玄米、大麦、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、わかめ、昆布、乳酸菌、セレン酵母、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨未焼成カルシウム、卵殻未焼成カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)出典:このこのごはん公式サイト

このこのごはんは、鶏肉が主体のドッグフードです。その他に、穀物、魚類、海藻類、野菜類から出来ていることがわかります。ドッグフードは、原材料がお肉に偏っていることが多い中、こんなにもバランスよく配合されていることに少し驚きました。また、九州を中心とした原材料を厳選。国内産の素材を使っているので、安心感もあります。

賞味期限は、袋には約一年の賞味期限がついていますが、このこのごはんは保存料の入ってないドッグフード。原材料が記載されている場所の下部に、「開封後は一ヶ月で使い切ってください」と記載されています。このこのごはんは1袋1kg。我が家の愛犬の場合は数日で無くなってしまう量なので、新鮮なうちに食べきることができました。

2.パッケージの開けやすさ・保存のしやすさ

このこのごはんの開け口は、ジッパー式で大きく開きます。フードの計量カップもすんなり入る大きさなので、ごはんをあげるときにフードが出しづらいなどのストレスも感じません。袋の内側はアルミ素材になっているので、保存料を使用していないこのこのごはんの鮮度が保たれているのかな?と思いました。保管のしやすさは、1袋1kgと小さいので、どこに置いても邪魔になりません。大きい袋から取り出さなくても良いのもいいなと思いました。

3.粒の大きさ・形状

粒の大きさは小型犬が食べやすい様に設計されているので、かなり小さい円状です。一粒一粒もしっかりしているので、中型犬である我が家の愛犬には最初は少し食べづらそうでした。小さいワンちゃんであれば丁度よく噛み、しっかり食べられる大きさだと感じます。原材料に凝固剤を使用していないので、たまに面白い形のものもありました。無添加だから面白い形のものもあるようなので、このこのごはんをあげるときについついいびつな形の粒を探してしまいます。

4.フードの香り

このこのごはんに初めて出会ってびっくりしたのはこのフードの香りです。「こんなにも出汁のいい香りがするドッグフードってあるんだ」と思ったくらい良い香りがします。ドッグフードのにおいは独特なものが多い印象ですが、このこのごはんは丁寧に出汁を取ったお吸い物のような香り。このこのごはんの袋を開けるたびに、日本人としてホッとするような香りに飼い主も癒されます。

5.愛犬の食いつきの良さ

最初はどこからいい匂いがするのかよくわからなかったようですが、自分のフードボウルからおいしそうな香りがすると分かってからは、すぐにゲージの中で待機してました。顔がいつになく真剣で、早く食べたいのをガマンしている姿をみるのがかわいかったです。

このこのごはんはとにかくにおいが良いのが印象的でした。さらに素材も厳選されていて安心感もあります。いつもはフードを残す我が家の愛犬も、最初は警戒していたものの、食べた瞬間おいしさがわかったようで、あっという間に平らげました。それからは袋を開けるだけですぐソワソワしてくれます。ただ、活動量の多いボーダーコリーという犬種のため、すべてをこのこのごはんにすると月に9袋必要になります。なので、たまにオールこのこのごはんにして、普段はいつも食べているごはんにトッピングをする感じで続けています。それでも、最初にこのこのごはんだけを食べてしまうので、ホントに大好きなようです。

【最初に食べさせてから、2週間前後してからの感想】

相変わらず袋を開けただけでゲージで待っているくらいこのこのごはんが大好きな愛犬です。食いつきの良さも変わらず、このこのごはんだけをあげたときは一粒も落とさず食べるくらいです。

このこのごはんの口コミや評判を分析してみた

引用:コノコトトモニ公式サイト

ここからは、「このこのごはん」を実際に愛犬に与えた飼い主さんの口コミ・評判を紹介し、分析していきます。

独自アンケートからわかる口コミや評判

編集部では、「このこのごはん」を購入した経験のある方々に、独自アンケートを実施しました。寄せられたポジティブな口コミ・ネガティブな口コミをそれぞれ紹介していきます。

このこのごはん
総合評価
 (4)
原材料・成分
 (4.5)
栄養バランス
 (4.5)
安全性
 (4.5)
価格・コスパ
 (3)
におい
 (4.5)
食いつきの良さ
 (4.5)

ポジティブな口コミや評判

お住まい:北海道/職業:会社員/性別:女性/年齢:43歳/ペットの犬種:トイプードル
平べったい形をしていて小さなサイズで、愛犬はとても食べやすそうにしているので良かったです。香りも悪くありませんでした。
お住まい:静岡県/職業:会社員/性別:男性/年齢:43歳/ペットの犬種:シーズー
犬の健康を考え無添加にこだわっています。きっかけは同じ犬を飼う友人から、無添加で国産であるというのを教えてもらい購入しました。
お住まい:岐阜県/職業:会社員/性別:女性/年齢:36歳/ペットの犬種:シーズー
食いつきが良く飽きもこないのか、珍しく食べつづけてくれています。食事の時間を楽しみにしている姿を見るのが久しぶりなので、こちらも嬉しくなってしまいます。

ネガティブな口コミや評判

お住まい:東京都/職業:会社員/性別:女性/年齢:36歳/ペットの犬種:雑種
初老に差しかかる愛犬に与えるには、少し硬いのではないのか?というくらいの硬さがあるのが微妙だと感じた。
お住まい:千葉県/職業:自営業/性別:男性/年齢:43歳/ペットの犬種:トイプードル
基本的には通販でしか購入することができない煩わしさがある点と、価格が高めになっているので、家計負担が重くなるところがいまいちな点です。
お住まい:東京都/職業:会社員/性別:女性/年齢:28歳/ペットの犬種:チワワ
小型犬のために開発されているドッグフードなので、中型犬に食べさせることができないのは残念な部分かもしれません。
お住まい:北海道/職業:会社員/性別:男性/年齢:46歳/ペットの犬種:ミニチュアダックスフント
小型犬専用のドッグフードということ、栄養面も考えられている点が良いです。食いつきも良いので安心してあげることができます。
お住まい:大阪府/職業:その他/性別:女性/年齢:57歳/ペットの犬種:パピヨン
愛犬がとてもおいしそうに、元気に食べてくれるところがとてもいいなと思っています。

SNSに掲載された口コミや評判

Instagramでの口コミや評判

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちろ(@mame.chiro1107)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぷーすか(@pusuka9882)がシェアした投稿

このこのごはんのメリットやデメリット

ここからは、ポジティブな口コミ、ネガティブな口コミから分析した内容を踏まえて、「このこのごはん」のメリット・デメリットを紹介していきます。

このこのごはんのメリット

まずは、「このこのごはん」を選ぶメリットからチェックしていきましょう。

・栄養バランスに優れているので、毛並みがよくなる
・小型犬によく見られる悩みにアプローチできる
・グルテン、保存料、酸化防止剤など無添加なので、安心して与えやすい

 

栄養バランスに優れているので、毛並みがよくなる

「このこのごはん」は総合栄養食なので、ワンちゃんにとって必要な栄養がそろっています。それだけでなく、高タンパクなお肉と、タンパク質の強化吸収をサポートするフルーツをバランスよく配合しているので、毛並みの改善に役立つ場合もあるのが特徴です。

犬の毛並みがパサつく原因は、タンパク質不足や栄養の偏りにあるといわれているのをご存じですか?タンパク質が豊富で低カロリーな鹿肉や、消化のよい動物性タンパク質源の鶏ささみをたっぷり含み、栄養バランスに優れた「このこのごはん」は、愛犬の毛並みケアにも適しています。

小型犬によく見られる悩みにアプローチできる

「このこのごはん」の成分設計は単なる健康維持だけでなく、小型犬によく見られる悩みにもアプローチできるのが嬉しいポイントです。たとえば、「におい」が気になる犬のために、腸内環境を整える乳酸菌を配合。お米由来の乳酸菌なので、乳製品でアレルギーや下痢を起こしてしまうワンちゃんでも大丈夫です。

また、「涙やけ」をはじめとする目元の悩みの改善をサポートするために、ポリフェノールや食物繊維がたっぷりなモリンガや、EPA・DHAが豊富なまぐろなど、栄養価の高い食材を採用しています。

グルテン、保存料、酸化防止剤など無添加なので、安心して与えやすい

「このこのごはん」は、無添加であることも大きなメリットです。香料、着色料、保存料、防カビ剤、発色剤、酸化防止剤など、余計な添加物を一切使用していません

粒の形が不揃いなのも、増粘剤を配合していない証拠。配合されている合成成分は、天然の食材だけでは1日の必要量を摂取するのが難しい「ビタミン」と「ミネラル」のみです。

また、犬にとってアレルゲンになりやすいグルテン(麦類)も含んでおらず、アレルギーにも配慮されています。子犬からシニア犬まで、あらゆるライフステージのワンちゃんに安心して与えやすいドッグフードです。

このこのごはんのデメリット

・味が1種類のみのため、好みに合わせて選べない
・保存料や防カビ剤無添加なので、管理に気を使う
・市販のドライフードと比べると価格が高め

味が1種類のみのため、好みに合わせて選べない

「このこのごはん」は、味のバリエーションが1種類しかありません。口コミでも食いつきのよさは評価されているものの、犬にも好みがあるので合わない可能性もあります。品質や栄養バランスは魅力的ですが、愛犬の好みに合わなかった場合に他の種類を選べないのは残念なポイントです。

保存料や防カビ剤無添加なので、管理に気を使う

保存料や防カビ剤が入っていないことは、愛犬の健康にとってはメリットですが、管理に気を使う必要がある点ではデメリットです。開封後は密閉容器に入れ、高温多湿を避けて常温で保管しましょう。

しかし、「このこのごはん」はしっかり乾燥させたドライタイプなのでカビが生えにくいです。酸化を遅らせる働きのある「ビタミンE」が栄養素として含まれていることもあり、特別に傷みやすいわけではありません。消費期限も、一般的なドライタイプのドッグフードと同じ約1ヶ月です。

市販のドライフードと比べると価格が高め

「このこのごはん」は高品質な原材料を使用し、栄養バランスを考えて作られているため、その分価格が高めです。特に、たくさんごはんを食べる食欲旺盛なワンちゃんや大型犬に与える場合は、継続して与えるのは難しいと感じる方も多いでしょう。

コスパが気になる場合は、他のフードと混ぜるなどアレンジしてあげるとよいかもしれません。

このこのごはんはこんなワンちゃん向き

  • 健康に気を使いたい小型犬
  • 肥満対策・体重管理がしたいワンちゃん
  • 小麦などのアレルギーがあるワンちゃん

カロリーと脂質が控えめな「このこのごはん」は、小型犬向きのドッグフードです。とはいえ、小粒のドッグフードが好きな小型犬以外のワンちゃんや、運動量が少ない中型犬・大型犬も問題なく食べられます。

安全性と品質の高いドッグフードを選んで、より健康的な食事にしたい場合や、カロリー・脂質を抑えてダイエットまたは、肥満対策をしたいワンちゃん、小麦(グルテン)や添加物が苦手・アレルギーがあるワンちゃんにもおすすめできます。

このこのごはんと他のドッグフードを比較

「このこのごはん」が他のドッグフードとどう違うのか、より詳細に知りたい方も多いでしょう。そこでここからは、「このこのごはん」と同じヒューマングレードにこだわった、ドライタイプのドッグフードである「モグワン」と比較してわかることを紹介します。

商品名

コノコトトモニ このこのごはん ドッグフード 全犬種 全年齢対応 [ 国産 無添加 厳選自然素材 ] 小麦グルテンフリー 1kg

全犬種・全年齢対応  モグワンドッグフード(1.8kg) チキンとサーモンたっぷり56% グレインフリー 香料・着色料不使用

価格

3,850円(通常購入)

4,356円(通常購入)

内容量

1kg(約385円/100g)

1.8kg(約242円/100g)

カロリー

342kcal/100g

363kcal/100g

主原料

鶏肉(ささみ、レバー)

チキン&サーモン

粒の大きさ

約7〜8mm

約1cm

原産国

日本(パパイヤ、モリンガのみ海外産)

イギリス

公式サイト

公式サイトで見る

公式サイトで見る

「このこのごはん」と「モグワン」の大きな違いは原産国です。国産にこだわりたい場合は「このこのごはん」を選ぶのがよいでしょう。

とはいえ、「モグワン」の原産国であるイギリスはペット先進国でもあります。きちんと厳しい品質管理のもとで作られているため、国産にこだわらず少しでも価格を抑えたい場合は「モグワン」がよいのではないでしょうか。

また、鶏肉がメインか、魚(サーモン)をメイン食材としているかという違いも大きいです。お肉をしっかり食べて欲しい方は「このこのごはん」、魚の栄養も大事だと思う方は「モグワン」を選ぶのもおすすめです。

created by Rinker
コノコトトモニ
¥4,900 (2022/12/02 01:15:36時点 Amazon調べ-詳細)

このこのごはんの購入方法

「このこのごはん」を購入すると決めたら、どの方法で買うのが一番お得なのでしょうか?ここからは、「このこのごはん」の購入方法について見ていきましょう。

公式サイト・Amazon・楽天でのこのこのごはんの価格

基本的に、「このこのごはん」が購入できるのは公式サイト・Amazon・楽天の3つです。それぞれの価格を比べてみましょう。

 

公式サイト

Amazon

楽天

通常価格

3,850円

4,900円

4,900円

定期購入価格

3,278円

4,655円

なし

送料

850円
(11,000円(税込)以上購入で送料無料)

無料

無料

特典

定期コースは初回送料無料

なし

なし

最もお得な購入方法は、通常価格の約15%OFFで購入できる公式サイトの「定期コース」です。Amazonや楽天も公式ショップなので特別高いわけでないものの、全国一律850円の送料を含めて考えても、公式サイトが一番安く購入できます。

「このこのごはん」の定期コースは、1回のみの購入でも簡単に解約・お休みができるので、ぜひ気軽に購入してみてください。

 

公式サイトでこのこのごはんを購入する手順

公式特設サイトから、初回送料無料の「定期コース」を購入する場合の手順を解説していきます。

「お得な定期コースで申し込む」ボタンをクリック
お得な定期コースで申し込む」ボタンをクリックするか、ページの一番下の入力フォームまでスクロールしましょう。「お得な定期コースで申し込む」ボタンを押すと、入力フォームに移動します。
 
入力フォームにお客さま情報を入力
入力フォームに​​名前、住所、電話番号、メールアドレス、お支払い方法などの情報を入力します。
 
お申し込みボタンをクリック
入力が終わったら入力内容を確認し、「ご注文完了へ」と書かれた申し込みボタンをクリックします。これで購入は完了です。
 

このこのごはん関するよくある質問

このこのごはんの定期コースの解約方法は?
定期コースを解約するには、専用のフリーダイヤルに電話するか、専用メールアドレスにメールする、またはマイページの問い合わせフォームから解約希望を送信する3つの方法があります。発送予定日の10日前までに連絡すれば、何回購入したかなどの縛りはなく、2回目でも解約可能です。
このこのごはんの硬さは?
「このこのごはん」の粒は少し硬めです。人間が爪で割れるくらいなので、子犬でも噛み砕くことは可能です。カリカリした食感が好きなワンちゃんは好んで食べてくれるでしょう。しかし、柔らかいごはんが好きなワンちゃんや、顎が弱いワンちゃんにとっては食べづらい場合があります。その場合は、お湯でふやかしてあげてみてください。
食いつきが悪いときはどうすればいい?
鰹節の自然な香りが食欲を刺激する「このこのごはん」ですが、好みに合わず食いつきが悪い場合や、警戒して食べない場合もあります。そのようなときは、お湯でふやかすことで香りを引き立たせたり、好きな食材をトッピングしたり、細かく砕いていつものドッグフードに混ぜたりするなど、アレンジして少しずつ慣れさせていくのがおすすめです。

まとめ

おすすめポイント
  • 小型犬の健康維持を考えた栄養バランス
  • ヒューマングレードの原材料のみ使用
  • 鰹節の自然な風味で食いつきバッチリ

ドッグフードの「このこのごはん」を愛犬に与えた人の口コミや評判、体験談を紹介してきました。

国産&ヒューマングレードの原材料にこだわって作られた、小型犬の健康維持にぴったりのドッグフード。消化のよい動物性タンパク質たっぷりのヘルシーな鶏肉が主原料で、低カロリー・低脂肪な栄養バランスが嬉しいですね。

人間もつい食べたくなるおいしそうな鰹節の風味は、他のドッグフードと大きく違うポイントなので、食欲が落ちてしまったワンちゃんに試してみるのもおすすめです。

この記事を読んで、大切な愛犬のために「このこのごはん」を選んであげたくなった方もいるのではないでしょうか?ぜひこの機会に一度、購入を検討してみてください。