モグニャンの口コミと評判|白身魚を配合した食いつき抜群のフード

「モグニャン」は株式会社レティシアンが販売する、ヒューマングレードの素材やグレインフリーにこだわった猫の体に優しいフードです。白身魚をたっぷり使用していることから、猫の食いつきも良く高い人気を得ています。

しかし、飼い主さんの中には本当に良質で美味しいフードなのか、値段が高いのではないかと悩む方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では次のようなことを紹介しています。

  • モグニャンに使用されている原材料の安全性
  • モグニャンを実際に使用している飼い主さんの口コミ
  • モグニャンのお得な購入方法

本記事を読めば、モグニャンの魅力も注意点もしっかり把握できるでしょう。本記事が少しでも飼い主の皆様のお役に立てば幸いです。

※本記事で紹介するキャットフードは、インターネット上での調査をもとに編集部が選出したものです(商品掲載内容において、獣医師による監修は実施しておりません)。

モグニャン特徴とは?

created by Rinker
モグニャン MogNyan
¥5,060 (2022/12/02 11:38:00時点 Amazon調べ-詳細)

まずは、モグニャンの概要から確認してみましょう。

モグニャン

商品名

モグニャン

価格

4,356円

内容量

1.5kg(約290円/100g)

カロリー

379Kcal/100g

主原料

白身魚65%

粒の大きさ

俵型(直径8mm・厚さ6mm)

原産国

イギリス

販売会社名

株式会社レティシアン

おすすめポイント
  • 白身魚を65%使しているので高タンパク・低脂肪
  • グレインフリーなので猫が消化しやすい
  • オールステージ対応で一生食べられる

モグニャンは主原料として新鮮な白身魚を65%も使用しているのが特徴です。猫は肉食なので、普段の食事には肉や魚といった高タンパクな食材が欠かせません。

モグニャンに含まれている白身魚は、高タンパクなだけでなく低脂肪な食材としても知られているので、猫の食欲を満たしつつ食べ過ぎによる肥満防止にも役立ちます。

また、一般的なキャットフードにはかさ増しによるコスト減を目的として穀物が含まれていることも多いですが、モグニャンには一切穀物が含まれていないのも特徴です。穀物が含まれないグレインフリー仕様なので、穀物アレルギーを持つ猫でも安心して食べられます。

さらに、モグニャンは全年齢・オールステージ対応のキャットフード。子猫~シニアまで、ライフステージに合わせたフード切り替えの手間がなく、一生食べ続けられます。

モグニャンの原材料と安全性

白身魚65%、タピオカ、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、ビール酵母、サツマイモ、ココナッツオイル、セルロース、サーモンオイル、フィッシュスープ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、タウリン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、ビタミン類(ビタミンA、D3、E)、乳酸菌

モグニャンの主原料は高品質な白身魚です。グレインフリーのため、小麦やオーツ麦、トウモロコシなどの穀物は一切使用していません。そのため、おもな炭水化物の摂取源としてタピオカやジャガイモのような芋類、バナナやクランベリーといったフルーツを採用しています。ペクチンの豊富なリンゴ、食物繊維の豊富なサツマイモなど猫のお腹の調子を整える食材もバランスよく含んでいるのが特徴です。

また、サーモンオイルが含まれているため、猫が体内で合成できない重要な栄養素オメガ3脂肪酸も効率よく摂取できます。添加物についても化学物質は使用しておらず、安全性の高いローズマリーやビタミン類などを中心に配合しています。

原産国はペット先進国として名高いイギリスです。生産工場は欧州ペットフード工業会連合による厳しい基準に合格しているので、原材料や生産工程の安全性も高く安心して与えられるでしょう。

モグニャンの給餌量の目安

体重(kg)

2~3ヶ月

4~5ヶ月

6~7ヶ月

8~9ヶ月

10~11ヶ月

12ヶ月

成猫

シニア猫

2~3

38~48g

52g

52~60g

60g

60g

60g

36~46g

31~39g

3~4

40~54g

54g

54~65g

65g

65g

65g

46~56g

39~48g

4~5

42~58g

68g

75g

75~77g

77g

77g

56~65g

48~55g

5~6

44~60g

75~88g

88g

88~89g

95~99g

95~99g

65~74g

55~63g

6~7

45~63g

75~88g

88g

88~100g

100g

100g

74~82g

63~70g

7~8

45~64g

77~90g

90~105g

105g

105g

105g

82~90g

70~77g

モグニャンはオールステージ対応のキャットフードなので、体重ごとに決められた給餌量によって各年齢に必要なカロリーを調整します。

子猫のうちは成長のために多くの栄養を必要とするので、猫の成長に合わせながら量も増やしていきましょう。生後10~12ヶ月頃がもっとも多くの量を与える時期です。

一方、成猫になると体ができあがるため、生後10~12ヶ月頃に比べると1日の給餌量は少なくなります。特に去勢・避妊後は必要カロリーが少なくなるため、食べ過ぎを防ぐためにも給餌量を守ってください。

シニア猫になると成猫よりも食が細くなり、活発でない分必要カロリーも少なくなるため、必要な給餌量も少なくなります。モグニャンは食いつきに優れたキャットフードですが、必要であればふやかす・トッピングをするなどの工夫も取り入れながら食事量を維持しましょう。

モグニャンの口コミや評判を分析してみた

引用:モグニャン公式サイト

では、実際にモグニャンを利用している・もしくはしていたことがあるユーザーの口コミを見てみましょう。

独自アンケートからわかる口コミや評判

モグニャン
総合評価
 (4.5)
原材料・成分
 (4)
栄養バランス
 (4)
安全性
 (4)
価格・コスパ
 (3)
におい
 (4)
食いつきの良さ
 (4.5)
 

まずは編集部が飼い主さんに独自アンケートを取り、モグニャンの良い点・悪い点を調査しました。

ポジティブな口コミや評判

お住まい:大阪府/職業:その他/性別:女性/年齢:57歳/ペットの猫種:パピヨン
愛犬がなかなかご飯を食べてくれなくて、どうしたらいいのか悩んでいた時に与えてみたところ、とても食いつきがよくておいしそうに食べてくれるようになった。愛犬がとてもおいしそうに元気に食べてくれるところがいいなと思います。

お住まい:愛知県/職業:自営業/性別:男性/年齢:43/ペットの猫種:雑種
獣医さんより太りすぎということだったので、ネットでしらべて栄養バランスがとても良さそうなので選びました。とにかく栄養バランスがよく、低カロリーなので太り気味のコにはとてもいいと思います。それでも量はあるので満足してる感じです。

お住まい:東京都/職業:専業主婦(夫)/性別:女性/年齢:43/ペットの猫種:雑種猫
生まれつきお腹が弱く原因もわからないので、獣医師からグレインフリーのフードにするようおすすめされたのがきっかけです。グレインフリーなのでドライフードにありがちなコーンやグルテンなどのアレルゲンとなる原材料が使用されていないところは非常に良いと思います。
お住まい:東京都/職業:専業主婦(夫)/性別:女性/年齢:43/ペットの猫種:雑種猫
グレインフリーなので、ドライフードにありがちなコーンやグルテンなどのアレルゲンとなる原材料が使用されていないところは非常に良いと思います。
お住まい:愛知県/職業:自営業/性別:男性/年齢:43/ペットの猫種:雑種
とにかく栄養バランスがよく、低カロリーなので太り気味のコにはとてもいいと思います。それでも量はあるので満足してる感じです。
お住まい:大阪府/職業:その他/性別:女性/年齢:57歳/ペットの猫種:パピヨン
愛犬がなかなかご飯を食べてくれなくて悩んでいた時に、与えてみた。とてもおいしそうに食べてくれた。

食いつきが大変良かった

お住まい:広島県在住/職業:会社員/性別:男性/年齢:38歳/ペットの猫種:チワワ
ドッグフード特有の匂いもなく食材の匂いがしっかりと感じられましたし、実際食い付きも大変良かったので満足でした。

飽きることなく美味しそうに食べていた

お住まい:埼玉県在住/職業:学生/性別:男性/年齢:21歳/ペットの猫種:雑種
うちの猫が15歳になり、そろそろ健康バランスをより重視したいと考えていた。普段飽きっぽいうちの猫も、一袋なくなるまで飽きることなく美味しそうに食べていた。

食いつきが良くなった

お住まい:東京都在住/職業:会社員/性別:女性/年齢:28/ペットの猫種:チワワ
粒が噛みやすいサイズなので、喉に詰まったり残す事が無いのは嬉しい。食いつきが良くなったので安心しました。

以前より口臭が気にならなくなった

お住まい:福島県/職業:専業主婦(夫)/性別:女性/年齢:37/ペットの猫種:雑種
以前より口臭が気にならなくなりました。栄養面でも必要な要素が入っているので、安全で良いと思いました。

食欲がない時などにあげると良く食べてくれる

お住まい:福岡市/職業:会社員/性別:男性/年齢:35/ペットの猫種:チワワ、パグ、ゴールデンレトリバー
たまに食欲がない時などにあげると、良く食べてくれるので嬉しいです。添加物も少ないので安心です。

しっかりと食べてくれるようになった

お住まい:東京都在住/職業:会社員/性別:女性/年齢:36歳/ペットの猫種:雑種
フードを残してしまうような子だったので、食いつきの良いフードをさがしていた。しっかりと食べてくれるようになったのが良かったです。

とても喜んで残さずに食べてくれる

お住まい:東京都在住/職業:その他/性別:女性/年齢:39歳/ペットの猫種:ミックス犬(チワワとマルチーズ)
食いつきが悪く食べない事もあり悩んでいたのですが、こちらにしてからとても喜んで残さずに食べてくれます!

食事管理が必要な猫におすすめ

お住まい:愛知県/職業:パート・アルバイト/性別:男性/年齢:39歳/ペットの猫種:チワワ
最近健康的に成長をしてほしいと思い、ヘルシーなドックフードに興味を持った。低脂肪ながら高タンパク質な白身魚は栄養満点かつヘルシーで食事管理が必要な猫におすすめです。

ネガティブな口コミや評判

お住まい:東京都/職業:専業主婦(夫)/性別:女性/年齢:43/ペットの猫種:雑種猫
クオリティの高い原材料を使用しているのは理解できるのですが、一袋あたりの価格がとにかく高すぎてあっという間に無くなります。デイリーのご飯としてはコスパが非常に悪いです。
お住まい:愛知県/職業:自営業/性別:男性/年齢:43/ペットの猫種:雑種
いつも食べてたものより少し高く、お試しするのにも勇気がいります。10000円以上でないと送料がかかるのもマイナスポイントです。
お住まい:大阪府/職業:その他/性別:女性/年齢:57歳/ペットの猫種:パピヨン
値段がちょっと高いかなあと思っています。もう少し安いとたくさんあげられるのになあといつも考えてしまっています。

お住まい:広島県在住/職業:会社員/性別:男性/年齢:38歳/ペットの猫種:チワワ
値段が比較的高いのでコスパはあまり良くない。どこにでも売られているわけではないので不便でした。

普段使いするにはコストが高い

お住まい:埼玉県在住/職業:学生/性別:男性/年齢:21歳/ペットの猫種:雑種
健康バランスを非常に重視したキャットフードであるため、仕方ないとは思うがどうしても普段使いするにはコストが高いと感じる。

取り扱いが通販のみ

お住まい:東京都在住/職業:会社員/性別:女性/年齢:28/ペットの猫種:チワワ
取り扱いが通販のみなので、市販で気軽に手に入らないのは残念な部分です。また価格が高めなので、気軽に買えません。

売っているお店が少ないので探すのに苦労する

お住まい:福島県/職業:専業主婦(夫)/性別:女性/年齢:37/ペットの猫種:雑種
以前の餌よりはコスパが高いですが、安全面を考えると少し高めでも気にならなくなりました。また売っているお店が少ないので探すのに苦労します。

近くに売ってないので買いに行くのが大変

お住まい:福岡市/職業:会社員/性別:男性/年齢:35/ペットの猫種:チワワ、パグ、ゴールデンレトリバー
チワワがあまり食べません。犬種によっては苦手なのか不思議です。また、近くに売ってないので買いに行くのが大変です。

普段続けるには少しコスパが悪い

お住まい:東京都在住/職業:会社員/性別:女性/年齢:36歳/ペットの猫種:雑種
1.5キロという大容量が入っているのはいいのですが、普段続けるには少しコスパが悪いかなぁという値段設定なのが微妙でした。

値段高いので続けるのが少しきつい

お住まい:東京都在住/職業:その他/性別:女性/年齢:39歳/ペットの猫種:ミックス犬(チワワとマルチーズ)
価格が高いのは仕方ないとは思うのですが、少しお値段がするために続けるのがきついなと感じる事があります。

匂いが独特

お住まい:愛知県/職業:パート・アルバイト/性別:男性/年齢:39歳/ペットの猫種:チワワ
市販のドックフートより値段が高めでペットによっては食いつきに差が出る。匂いが独特である。

SNSに掲載された口コミや評判

Twitterでの口コミや評判

Instagramでの口コミや評判

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おーえとーるofficial(@t_oe_official)がシェアした投稿

モグニャンのメリットやデメリット

では、口コミをもとにモグニャンのメリットやデメリットについてそれぞれ見てみましょう。

モグニャンのメリット

モグニャンのメリットは、大きく次の3つに分けられます。

・白身魚をたっぷり使用し食いつきが抜群
・グレインフリーなので穀物アレルギーの猫に対応
・オールステージ対応で多頭飼いでも与えやすい

白身魚をたっぷり使用し食いつきが抜群

モグニャンは主原料に白身魚を65%も配合しており、猫の嗜好性が非常に高くなっています。モグニャンには香料が一切含まれていませんが、たっぷり配合された白身魚の香りが非常に強いため食いつきが抜群です。現在与えているキャットフードの食いつきが悪い場合、モグニャンに切り替えると猫の食いつきが改善する可能性があります。

また、パッケージもジッパー式でにおいが飛びにくいように配慮されているので、フードを使い切るまで食いつきの良さが持続しやすくなっているのもメリットです。

さらに、白身魚以外の原材料も栄養バランスにこだわって配合されており、添加物もローズマリーやビタミンEといった安全なものを使用しています。食いつきがよいのはもちろん、長く食べ続けても安心なキャットフードです。

グレインフリーなので穀物アレルギーの猫に対応

モグニャンはグレインフリーなので、穀物アレルギーの猫にも与えられます。特に、グレインフリーのキャットフードは穀物を含まないことで食物繊維が少なく、かえって猫の便秘を招くこともありますが、モグニャンなら食物繊維の豊富な食材や腸内環境を整える食材も多く含まれているので、栄養バランス面でも安心です。

市販されるグレインフリーのキャットフードは限られているので、もし穀物アレルギーになった場合は長く買い続けられるフード、猫の食いつきが持続するフードを探すのは大変です。

その点、モグニャンであれば嗜好性も高く、子猫からシニア猫まで一生涯食べ続けられます。穀物アレルギーの猫でも、一生付き合っていけるキャットフードです。

オールステージ対応で多頭飼いでも与えやすい

モグニャンはオールステージ対応なので、ライフステージの異なる猫を多頭飼いしている場合でも与えやすいです。たとえば子猫・成猫・シニア猫をそれぞれ飼っている場合、年齢に合わせたフードをそれぞれ用意するのが一般的です。しかし、オールステージ対応のフードであればどのような年齢の猫にも与えられるので、1種類のフードを購入するだけで済みます。

特にモグニャンは公式サイトからの通販購入だとまとめ買いでの割引が適用されるため、多頭飼いで大量のフードを必要とする場合にコストを安く抑えられるのもメリットです。

さらに、将来猫のライフステージが進んだときも同じフードを継続して与えられるため、切り替えや新たなフード探しの手間も省けます。猫は食べ慣れたものを好む習性があるので、「フードを切り替えたら食べなくなってしまった」「成猫に与えたフードをシニア猫が横取りしてしまう」といった問題を防ぐのにも効果的です。

モグニャンのデメリット

次に、モグニャンのデメリットについて確認してみましょう。モグニャンのデメリットとしては、おもに次の3点が挙げられます。

・猫によって食いつきに違いがある
・価格が高い
・試供品がない

猫によって食いつきに違いがある

モグニャンは主原料に魚を使用しており、猫によって食いつきが変わってきます。魚好きな猫であれば喜んで食べてくれますが、肉派の猫だとあまり好みではないかもしれません。

また、モグニャンは香料や人口添加物を使用せず、あくまで素材の香りを引き立たせることで猫が食いつくように工夫しています。そのため、香料がたっぷり使われたフードや添加物で美味しさを引き立たせているフードをずっと使用してきた場合、モグニャンのフードが味気なく感じてしまうケースもあります。

人間で言えばジャンクフードに舌が慣れてしまい、健康食の味が薄く感じる状態です。

価格が高い

モグニャンは1袋(1.5kg)あたり4,356円(税込)と、ペットショップやホームセンターなどで売られているキャットフードに比べてかなり高価です。

魚や果物などをふんだんに使用していること、グレインフリーで安全性の高い原材料を使用していること、添加物を極力排除していることなど値段に見合うだけの理由はありますが、単純にキャットフードに対してそこまでお金をかけられない方にとっては買いにくいといわざるを得ません。

キャットフードは一時的に良いものを与えるより、できるだけ良いものを長く続けていくことが大切なので、買い続けられるかよく考えてから購入しましょう。

試供品がない

モグニャンには試供品や、500gや1kgといった容量の少ないラインナップが存在しません。そのため、一度試してみてから購入してみたい場合でもいきなり1.5kgのパッケージを購入するしかなく、やや不便です。

もし、猫の好き嫌いが激しく食いつきが不安な方や、今まで新しいフードを与えてもすぐに飽きられてしまった方は、念のためにトッピングを用意する・フードをふやかしたり温めたりして嗜好性をアップするといった方法も頭の隅に置いた上で購入してみましょう。

モグニャンはこんなねこちゃん向き

  • 肉より魚の方が好き
  • 穀物アレルギーを持っている
  • ほかの猫と一緒に暮らしている

モグニャンの主原料は魚で、肉は使用していないため肉より魚派の猫におすすめします。モグニャンからは白身魚由来の強い香りがするので、魚のフードが好きなら喜んで食べてくれるでしょう。

また、グレインフリーなので穀物アレルギーを持っている猫でも安心して食べられます。ただし、アレルゲンが特定できていない場合は念のため獣医師に相談し、アレルゲンが穀物であると確定してから購入するのがおすすめです。

モグニャンはあらゆるライフステージの猫が一緒に食べられるフードなので、他の猫と一緒に暮らしている猫でもフードの横取りをせずに仲良く食べられます。

モグニャンと他のキャットフードの比較

モグニャンを検討している方の中には、ほかのキャットフードとの違いが気になる方もいるのではないでしょうか。そこで、モグニャンとコンセプトが似ている、同じグレインフリーのキャットフード「ジャガーキャットフード」をピックアップして価格や原料などを比較しました。

商品名

全猫種・全年齢対応 モグニャンキャットフード (1.5kg) 白身魚 グレインフリー 香料・着色料不使用

全猫種・全年齢対応 ジャガーキャットフード(1.5kg ) 動物性原材料80%以上使用 グレインフリー 香料・着色料不使用

価格

5,060円(税込)(Amazon)
4,356円(税込)(公式)

5,412円(税込)(Amazon)

4,708円(税込)(公式)

内容量

1.5kg(約290円/100g)

1.5kg(約314円/100g)

カロリー

379Kcal/100g

383.5Kcal/100g

主原料

白身魚

チキン・鴨・サーモン・マス

粒の大きさ

俵型(直径8mm・厚さ6mm)

ドーナツ型(直径約10mm・厚さ約3mm)

原産国

イギリス

イギリス

公式サイト

モグニャンについて詳しく知りたい

モグニャンについて詳しく知りたい

モグニャンと比較する「ジャガーキャットフード」は、タンパク質源としてチキンや鴨など厳選した動物性材料を80%も配合したフードです。モグニャンと同じようにグレインフリー、かつ全年齢・全猫種に対応しています。どちらもイギリスの工場で生産されており、内容量が1.5kgなのも共通点です。

両者の大きな違いとしては、まず原材料が挙げられます。モグニャンは白身魚を主原料としており、チキンやターキーなど肉は使われていません。一方、ジャガーキャットフードはチキン・鴨・サーモン・マスと、肉と魚両方を配合しています。そのため、魚好きな猫にはモグニャン、肉が好きな猫や、魚と肉両方好きな猫にはジャガーキャットフードがよいでしょう。

粒の多さも各社こだわりが見られます。モグニャンは直径が8mmとわずかに小さく、小粒なので口の小さい子猫や、噛む力の衰えたシニア猫でも食べやすいのが魅力です。一方ジャガーキャットフードはドーナツ型なのでかみ砕きやすく、噛んで食べるのが好きな猫に向いています。また、噛んで飲み込まないといけない分、早食い防止に有効なのもメリットです。

両方とも内容量は1.5kg入りですが、価格はジャガーキャットフードの方がやや高め。カロリーもジャガーキャットフードの方が高くなっています。食が細く量を食べられないのであればジャガーキャットフードがおすすめですが、肥満気味でダイエットさせたいのであればモグニャンがおすすめです。

created by Rinker
モグニャン MogNyan
¥5,060 (2022/12/02 11:38:00時点 Amazon調べ-詳細)

モグニャンの購入方法

次に、モグニャンの購入ルートについて解説します。モグニャンには購入方法が複数ありますが、それぞれ価格や特典などが異なるためもっともお得な公式からの購入がおすすめです。

公式サイト・Amazon・楽天でのモグニャンの価格

モグニャンは公式サイト・Amazon・楽天などで扱われています。それぞれの価格を比較してみましょう。

 

公式サイト

Amazon

楽天※

通常価格

4,356円(税込)/袋

5,060円(税込)/袋

6,780円(税込)/袋

定期購入価格

1個以上購入:3,920円(税込)/袋

2個以上購入:3,702円(税込)/袋
6個以上購入:3,484円(税込)/袋

送料

704円(税込)
10,000円以上購入で送料・代引手数料無料

無料

無料

特典

定期コース2回目:キャットフード用スクーププレゼント

なし

チャオちゅ~る(まぐろ14g×4本入り)

※楽天は2022年7月20日時点の最安値ショップにおける内容を掲載

表を見てわかる通り、価格・割引・特典など圧倒的に公式サイトがお得です。公式サイトなら通常価格・定期購入価格のいずれもAmazonや楽天より安く購入できます。公式サイトでは1~2袋の購入の場合送料がかかりますが、送料込みの価格でも1袋であればAmazonと同等、2袋であればAmazonより安くなります。

また、公式サイトなら定期コースを選べば1袋からでも割引が適用可能。1袋だけでも10%OFF、まとめ買いした場合は1回で6個購入時に通常価格から20%OFFになります。

つまり、1袋だけの初購入・継続購入・まとめ買い、いずれの場合も公式サイトから購入するのがもっともお得です。ぜひ公式サイトからモグニャンを申し込んでみましょう。

公式サイトでモグニャンを購入する手順

では、実際に公式サイトでモグニャンを購入する手順について解説します。まずは公式サイトにアクセスしてみましょう。

公式サイトの申し込みフォームに移動
公式サイトにアクセスすると、下部に申し込み用のバーが表示されます。「今すぐ申し込む!」と書いてある緑色のボタンを押しましょう。すると、ページの一番最後にある申し込みフォームにジャンプします。
 
必要事項を記入
フォームに従い、電話番号とメールアドレスを記入します。「次へ」を押すとさらに住所や氏名の記入、コースの選択や配送時間の指定など必要事項の記入を求められるため、画面の案内に従い埋めていきましょう。
 
申し込んで到着を持つ
すべて記入したら送信申し込み完了です。代金の支払いは商品到着時の代金引き換えかクレジットカード決済のみなので、事前入金の手間なく最速で発送されます。到着を楽しみに待ちましょう。
 

モグニャン関するよくある質問

モグニャンはペットショップで購入できないのですか?
モグニャンは市販されておらず、直売が基本のキャットフードです。そのため、ペットショップやホームセンターなどでは入手できません。Amazonでの販売も、販売元は株式会社レティシアンになっており、発送のみAmazonが行なっています。モグニャンの入手方法は実質ネット通販のみなので、公式サイトを利用するとよいでしょう。
モグニャンの賞味期限はどのくらいですか?
モグニャンの賞味期限は製造から18ヶ月です。倉庫で保管している期間も考慮すると、購入後も1年程度は未開封のまま保存しておけます。なお、開封したら長くとも3ヶ月を目処に、できるだけ早めに与えましょう。パッケージのジッパーをきっちりと閉め、冷暗所(常温)に保存してください。モグニャンはドライフードなので、冷蔵庫に入れると結露によりカビが生えてしまう可能性があります。
モグニャンの与え方は?
今まで食べていたキャットフードからモグニャンに切り替えるときは、いきなり全量をモグニャンにするのではなく、今までのフードに少しだけ混ぜて与えましょう。急にごはんが変わると、猫が下痢や嘔吐してしまうこともあります。1・2日目は全体の1/4をモグニャンに、3・4日目は全体の半分をモグニャンに、といったように少しずつ割合を増やして与えます。全部で1週間ほどかけて切り替えるのがおすすめです。

まとめ

おすすめポイント
  • 白身魚を65%使しているので高タンパク・低脂肪
  • グレインフリーなので猫が消化しやすい
  • オールステージ対応で一生食べられる

モグニャンは白身魚を主原料にしたグレインフリー・全年齢対応のキャットフードです。粒も食べやすいよう比較的小粒になっており、子猫やシニア猫にも安心して与えられます。高品質な材料を使っていることから価格はやや高めですが、公式サイトから購入すれば最大20%の割引も適用可能です。食いつきのよいフード、猫の体によいフードを探している場合は、ぜひモグニャンを検討してみてください。